訪問ありがとうございます! ここはマサチューセッツ州の情報を取り扱った 個人運営の情報サイトです。

人生で一度の還暦祝いには

還暦祝いという言葉を耳にすると決まり事が多々ありタブーに気をつけて慎重に選んだり行う必要があると言われます。
ところが、実際は気にしすぎる必要は無いと言えます。
日頃の感謝の気持ちを込めた贈り物に厳しいルールが設けられていないように、還暦祝いだからと言って細かいルールや決まりに縛られる必要は無いのです。
以前は、60歳を迎える年齢のお正月から節分の間にお祝いをするという決まりがあったものの、今日においては本人の誕生日や退職祝いに合わせるように還暦祝いをするケースが多いです。
また、お正月やお盆など親戚や仲間が容易に集まれる時期も選ばれる傾向にあります。
親戚や仲間など多くの人々を招くことになると気掛かりなのが提供する食事です。
本人の好きなものや参加者達が好きなものを揃えるというのが前提ですが、それらに加えて縁起が良いと言われている食事を揃えると還暦祝いらしさを醸し出すことができます。
そして、会社の中に60歳を迎える方が居るという場合は幹事が中心となって還暦祝いをするというのが通例です。
上司に贈る場合というのは、身内などにプレゼントするよりも難しいポイントがあります。
それは、予算に関してです。
上司は当然お祝いする側よりも給与が高いので、部下達よりも目利き力が高い可能性が高いです。
そのため、部下などが高額だと考えて選定したものでも受け取る側にとっては手抜きに思われる可能性があるのです。
こうした点から欲しい物を事前に調べてピンポイントで選んで渡す方が良いとも言えるでしょう。

【看守に「このクソヤローッ」と罵倒されても泊まってみたい! 期間限定「刑務所ホテル」が人気】

005 その昔、米サンフランシスコ湾に脱出不可能な囚人収容施設「アルカトラズ連邦刑務所」がありました。ここは湾に浮かぶ小島であり、「監獄島」とも呼ばれていたそうです。この刑務所をモデルにしたホテルが、英ロンドンに期間限定でオープンした。そのあまりの人気ぶりにすでに全日程満室となってしまったのです。 それもそのはず、独房や看守(実際はホテル従業員)の演出が素晴らしすぎて、「このクソヤローッ!」と看守に罵倒されても、嬉しくなってしまうレベル。これは1回でいいから泊まってみたい!! ロンドン北部にオープンしたのは、その名も「ホテル・アルカトラズ」。部屋数はわずか4つ、いずれも独房となっています。室内は刑務所を忠実に再現したもので、横幅1.5メートル × 縦幅2.7メートルと非常に狭い。ここに手洗いとベッド、トイレが備えられています。しかも、通常のホテルのようにベッドメイクは行われず、「快適」という言葉からは程遠い仕様です。 唯一の救いは、食事。実際の刑務所でも囚人の欲求を満たすために、食事には十分に配慮されていました。それを除けば、ここにお金を払って泊まっても何一ついいことはありませんよね……。 しかし室内の雰囲気や、特別に訓練を受けた看守役の従業員は、一見の価値あり。まるで、映画の世界に入り込んだような、錯覚を起こしてしまうのではないでしょうか。 残念ながら、すでに期間中の全日程満室となっています。したがって、泊まることはできません。これは是非日本でも、同じような試みをして頂きたいものですね。しっかり訓練された看守に罵られたいと思っているのは、私だけではないはず。このホテルの独房で膝を抱えてむせび泣いてみたいものです。